スタッフの想い〜Staff〜

日々の暮らしから最期まで。家族のように寄り添える。
しまナーシングホーム浅草 看護責任者 石橋美穂 経歴)総合病院勤務や他社老人ホーム勤務を経て、2015年、しまナーシングホーム浅草に看護師として入社。
ご入居者様とのコミュニケーションを大切にして。

ご入居者様の人生に最期まで寄り添える「しまナーシングホーム」は、私の理想に近い施設でした。正直、忙しいのですが、以前勤めていた病院とは違い、日々の時間はゆったりと過ぎていきます。より深くご入居者様と向き合い、日々の生活に寄り添えるところに魅力を感じました。
また、浅草という下町ならではのアットホーム感も大きな魅力ですので、できる限りご入居者様のお話を伺うよう、心がけています。どんなに忙しくても足を止めてお話を伺います。時にはご入居者様が健康管理室にお話に来てくださることもあるので、そういうときも手を止めてお話を伺っています。看護師をはじめとしたスタッフ達も皆、同じようにコミュニケーションをとっているところもいいなと思っています。

ホームと協力医療機関の強い連携

浅草ホームは協力医療機関が同じ建物にあるので、特にホームと協力医療機関との連携が強固だと思います。協力医療機関の先生や看護師とホームの看護師が、ご入居者様の情報を的確に共有できています。
また、近隣の病院とも連携がしっかりとれているので、ご入居者様やご家族様にとってご安心いただけるのはもちろん、看護師の私たちも安心して働けています。

ご入居者様の健康を守り、最期まで寄り添うこと。

私の仕事において、一番大切なことはご入居者様の日々の健康をお守りすることですが、終末期の看護ケアも常に大切に考えています。ご入居者様やご家族様の価値観をくみ取り、できる限りご要望に沿ってお応えしたいです。
つい最近、普段あまり感情や言葉を出されないご家族様が、ご入居者様お看取りの後、ホーム長に「いろいろありがとうございました」とご丁寧に挨拶をされていらっしゃいました。それまで気づかなかったのですが、ずっと感謝してくださっていたのだと分かり、胸が熱くなりました。
「本当の家族ではないけれど、その方の人生に寄り添えている」その実感が、看護師としてこの仕事を続けられる一番の原動力です。